​冬の清里

冬季間、よくある問い合わせ

「清里は冬は雪が多いのですか」という質問があります。

まず結論から先に

「雪は か・な・り少なく、気温は か・な・り低い。車はスタッドレス装着ならまず安心」

※警報級の予報が出ている場合、「前日まで判断に限り」キャンセル料無料でキャンセル可とさせて頂きます(下記解説参照)

 

【ちょっと細かい解説】

めーぷるのある清里高原は標高1200m、内陸性の気候となりますから、

 

日本海側で大雪の時(天気予報でいう強い冬型の気圧配置)

→清里では晴天が続き冷え込んでます。風強し。冬枯れの日が続きます。時たま山の上の方にかかる雪雲が流れてきて少し積もることも。

冬、東京や名古屋に雨や雪が予想される時(天気予報でいう南岸低気圧の気圧配置)

→清里では10センチ以上まとまって雪が降る可能性が高い。ただしまとまって降るのは例年数回程度。

気温は12月下旬から2月中旬が低く、ときに明け方でマイナス10度近くとなる時も。路面の凍結は12〜3月くらいまで気をつけなければなりません。

つまり当地方の冬は晴天の日が圧倒的に多く、雪がまったくないときのほうが多いのですが、

 朝晩は氷点下に冷え込むため、安全を担保するため(予報で雪マークが出ているときにはなおさら)冬場にはスタッドレスは必携といえます。(4WDではない場合は大雪に備え、チェーンも用意した方が良いです。)

 

 めったにないですが警報級の予報が出ている場合には道路通行止めなどもありえますので、リスク回避のため来訪そのものをご検討ください。そんな厳しそうな場合は「前日判断に限り」キャンセル料無料でキャンセル可とさせて頂きます。

注)当日判断の場合は当方も食材など確保したあとになりますので通常のキャンセル料(80%)が発生します。またキャンセルの場合は前日午後8時までの判断となります。なおその際に現地状況として大丈夫そうであればその旨をご説明させて頂きます。

 

「大丈夫」の目安

JR〜旅行延期勧告が出ていない

JRの運行状況はこちら

 

車〜スタッドレスタイヤであれば走行可能なレベルの降雪予想

高速道路の状況はこちら

注)スタッドレスを装着していないので今回はキャンセル→こちらは規定のキャンセル料をいただきますのでご注意ください

 

【冬の道路状況】

平成25年の歴史的大雪の経験を踏まえ、県内の除雪事情はそれまでよりは良くなりました。

めーぷるまでの道としては国道や主要道はこまめに除雪剤を散布していますので、ちょっとした雪の場合は「国道を離れてからめーぷるまでの400m」を気をつければなんとかなることが多いです。

ただしスキー場は更に標高が高くなりますのでよりしっかりと準備してください。

また冬は普段雪がない分、一旦積もると車の事故が多発します。

特に目立つ区域は須玉インターから国道を登ってくる途中、「道の駅南きよさとを過ぎてから高原に上がるまでの区間」です

 

高速道路は警報が予想される場合、須玉IC〜長坂IC区間がチェーン規制となります。そのようなときは当然一般道もかなり積もっているわけで、それ以外の走行時もできればチェン装着が望ましいと思われます。充分に注意してください

なお、降雪時にはめーぷるブログやフェイスブックなどでも状況をお知らせしています。

雪が降ると、逆に庭で雪遊びができたり待ち遠しい気持ちにもなります。(なんでもほどほどが一番ですね)

© 家族旅行・子連れ旅行におすすめの宿 キッズペンションめーぷる 

  • Blogger Social Icon
  • Wix Facebook page